初心者を助けるFX商材の殿堂。FX商材で稼ぎたいあなたをサポート。

  • 10/15更新
  • 累計口コミ341

竹井佑介の本性にあらゆる角度から迫る!

竹井佑介

竹井佑介

評価:★☆☆☆☆(1.0)

過去に数多くのFXに関するサービスを手掛けてきた竹井佑介。1つ1つ調査をしていくと、どれも高額であるにも関わらず、サービスの質が伴っていないことが発覚。

竹井佑介とは?

「竹井佑介」は聖人君子の仮面をかぶった悪徳投資家だ。
自身では天草への貢献で天皇陛下から紺綬褒章を授かったことを一生懸命アピールしているが…。
そんな功績も吹っ飛ぶほど“ヤバいやつ”ということだけはお前ら読者には伝えておかなければいけない

注)「紺綬褒章」…公益のために多額の私財を寄付した功績ある者に紺色の綬の記章とともに授与される。授与基準は寄附金額500万円以上とされている。

<竹井佑介のサービス一覧>

・FXミリオネアアカデミー
・LTC(LINEトレードコミュニティ)
・2020projict(2020プロジェクト)
・ソーシャルインベスターアカデミー
・幸せの定理(DMMオンラインサロン)
・著書THE MONEY

様々な投資に関するサービスを提供している「竹井佑介」だが検証を進めるにつれ、彼のどす黒い本性が姿を現したのだ。彼が“俺にヤバいやつ”とまで言わしめる、調査結果をまとめてきたので是非確認してくれ

 

竹井佑介の経歴

彼はさまざまな投資に関するサービスを提供している社会投資家だ。
経歴も非常に優秀であり、社会貢献、ビジネスと多岐にわたり幅広く活躍している様子

しかし自称の経歴であり、都合の悪いことは一切書かれていないので鵜呑みにしてはいけない

<セールレター内での竹井佑介の経歴>

1980年7月11日、熊本県天草生まれ。
北海道大学博士課程前期(専門は数学)修了。

FXトレードを始めて2年で月収1,000万円を達成し、
17年以上トレード市場から退場することなく稼ぎ続けるFXトレード講師。

学費を稼ぐために元金3万円からFXをスタートし、2015年1月にはスイスショックにより1日で3500万円以上稼ぐ。
現在はアメリカ、ロシア、フィリピンを中心に世界中に投資。
他業種の起業と分社化、2つの日本最大規模の投資アカデミーの設立と勢力的に活動。ひとつの会社は一部上場企業からの出資を受け、上場に向け邁進中。
稼いだお金で「教育格差を無くす」ため北海道家庭学校、DAREDEMO HEROはじめ国内外の教育施設、および世界中の被災地へ寄付。
地元貢献により、2015年12月紺綬褒章を受章。
モットーは「投資を通して人々を幸せに」
著書「The Money」

 

竹井佑介に関する口コミ・評判

「竹井佑介」が監修するサービスの掲示板はどこも閑古鳥が鳴いていた

誹謗中傷の口コミ・評判が少々あるだけ。ここまで過去のサービス参加者から“ヘイトだけ”を向けられる投資家も珍しい。普通は信者やサクラ、アフィリエイターからの援護があるものだが…。残念ながら「竹井佑介」の味方は“1人たりともいなかった”のだ。

<竹井佑介に関する口コミ・評判を集めてみた>

・マンツーマンならまだしも、グループLINEに参加するだけで1ヶ月10万は高すぎると思います。

・実際、竹井佑介に教えてもらって勝てるようになった人っているのか?www

・竹井佑介は自己啓発大好きおじさん。投資に精神論は不要です。必要なのは資金管理、スキル、強いメンタル。人間性を磨くだけで勝てるなら苦労しませんよ。

・竹井佑介氏が「竹井雄亮」として販売したスカイクエストコムというものではIPO詐欺疑惑が挙がり大炎上しました。

・竹井佑介は奥さんの、海外不在時に入れ墨の入った愛人と民泊に暮らし警察沙汰になるような人間である。

・竹井佑介は詐欺師です。騙されないでください。過去にIPO詐欺をして多くの信者からお金を奪って、そのお金で六本木ヒルズに入居したゴミ屑です。FXで勝ったお金ではなく、IPO詐欺したお金で豪華な暮らしをしています。

・一年間の受講料が129,600円といった高額塾がバックエンドに付いてくるそうです。本当にためになる高額塾であれば問題ありませんが、あまりに信用のない方の高額塾に入塾するのはお金を捨てているのと大差ありませんよね。

 

IPO詐欺疑惑から逃れるために改名を繰り返している?

「竹井佑介」はもしかしたら“詐欺師”かもしれない。

というのも過去に「スカイクエストコム」という会社で“IPO詐欺”を働いているかもと指摘する記事や口コミを多数見かけた。なんの根拠もなく「詐欺」というワードが飛び交うのがFX投資業界。

だが数多くのFXトレーダーやFX商材の監修者をリサーチきた俺が、“ホンモノ”の詐欺師かもしれない人物に遭遇したのは“初”の出来事。

ちなみに“IPO”とはInitial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)の略で未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させること指す。

「竹井佑介」(当時は竹井雄亮)は「スカイクエストコム」が上場するかもという情報を投資家に流して収益を得ていた可能性があるというのがことの発端だ。

この事件を裏付ける根拠があるのだ。彼は幾度となく謎の改名をしてきている

「竹井雄介」→「竹井雄亮」→「竹井佑介」
と次々改名しているのだ。
この1文字変えるだけの改名になんの意味があるというのか?

・「メリット」いままでの評判をリセットできる
・「デメリット」いままでの評判をリセットできる

くどい書き方になってしまったがそういうことだ。
火がないところに煙は立たない。
こいつ「竹井佑介」は間違いなく前者。やましいことがあるやつの発想に違いない。

注)ネームロンダリング…金融機関のブラックリストから外れたり、過去を消して人生をやり直したりするのが目的。

ネームロンダリング竹井佑介 (1)

 

竹井佑介が提供するサービスは全て超高額

2020projict(2020プロジェクト)はサービスがまだ開始したばかりなので除外するが過去の「竹井佑介」のサービスは全て“超高額”であることが発覚したのだ。

しかし、口コミ・評判や様々な観点からサービスに満足した消費者は皆無のようだ
つまり質の悪いサービスをブランディングのみで超高額販売してきた事実だけが浮き彫りになったのだ。

<過去提供されてきた竹井佑介の超高額サービス一覧>

・FXミリオネアアカデミー
「入会金3万2400円、受講料26万7840円」

・LTC(LINEトレードコミュニティ)
「3か月30万円~12か月90万円」

・2020projict(2020プロジェクト)
「月額1000円今後バックエンド商材追加予定」

・ソーシャルインベスターアカデミー
「19万8000円」

 

俺の総評

・口コミ・評判は低評価で埋め尽くされている
・IPO詐欺に関与している可能性大
・偽名や度重なる改名
・提供するサービス全てが超高額の金の亡者

ここまで裏表のある監修者も珍しいものだ。やる気ある俺たち消費者の足元をみて超高額のサービスばかりを提供してきた「竹井佑介」の守銭奴ぶりには反吐がでる。“紺綬褒章”なんてたいそうなものはこの詐欺師には似つかない。天皇陛下に自ら返還するべきだな。

管理人一押し副業商材「マネーパートナー」の記事はこちらから

本日の検証は以上とする。

【厳選】口コミ評価の高いFX商材だけを紹介

竹井佑介の口コミ・評判

  • 投稿者名:匿名さん

    評価:★☆☆☆☆

    こいつだけは信用しちゃあかんでーーー

竹井佑介の口コミ・評判投稿フォーム